リバーサルの理念

支援するリバーサル「週1通所から」その努力を就労へ

リバーサルは、逆転という意味です。
リバーサルは、週1通所からでも逆転就職をして、一人でも多くの障害者が働き、生活を豊かにすることができる世の中を実現したいと考えています。
 

リバーサルが週1通所からにこだわる理由

2006年の障害者自立支援法で就労移行支援事業が位置付けられて以来、たくさんの就労移行支援事業所ができ、たくさんの障害者が就職をしていきました。その数は、年々増え続けています。
ですが、就職者が増える一方で、多くの課題も出てきました。
 
1、働きたい気持ちを持って通所を開始するものの、なかなか障害のことや生活部分の課題など様々な事情で思うように通所ができない人がいる。
2、仕事に就いた後の支援をどうするか。

 
どの就労移行支援事業所も、支援するにあたり、まず働けるだけの状態であるかどうかを確認します。
つまり、就労移行支援事業所に通う人は、それの準備ができた人が行くところ。「通えない=就職は難しい」という基本的な考え方があります。
施設が増え、年々、障害者の就職者数は増え続ける一方で、働きたい気持ちを持って通所を開始するものの、なかなか障害のことや生活部分の課題など様々な事情で思うように通所ができず、結果がでない状況を目の当たりにしました。
 
・幻聴がひどく、付き合い方が分からない
・電車やバスに乗るのが怖い
・人と話すのが怖い。目を見て話すことができない
・家から出ようとすると様々な不安が出てきて外に出ていくのに時間がかかる
・自分ではよいと思ってやっていることが、まわりの人には認められずうまくコミュニケーションがとれない
・私生活の部分の問題が多く、就職活動に集中できない
 
確かに利用期間が2年間と定められた就労移行支援事業所を使うには、準備が整ってから。利用するにはまだ早いと考えてしまうかもしれません。
 
ですが、はたして本当にそうでしょうか?
 
設立以来、リバーサルでは、そういった方達が週1回からでも通所する中で、
 
やりたいことを見つけ、
それに取り組む中で自信を持ち、
自身の課題【仕事を続けていくための、自分との付き合い方】をみつけ、
それをできるようになる。
 
そんな小さな成功体験を重ねていくことで自分自身との付き合い方を見つけ、多くの方の自立を見てきました。
 
同じ志を持った仲間がいる環境に身を投じ、何か目標を持って取り組んでいくことが大事だと考えています。
週1回からでも自立は目指せるのです。
 

仕事を続けるために必要なことは「自分の課題を完璧にすること」

リバーサルには、他の就労移行支援事業所を利用し就職をしたものの、何度も転職を繰り返している方の相談が多く来ます。その度に感じることは、本人が、ストレスケアや対人関係の部分で、自分との付き合い方に迷っている方が多いということです。
いろいろな就労支援の方法、考え方がありますが、
「自分に合った方法で、課題を最後までやりきり、自分のものにすること」が最大のボイン卜なのです。
 
この方法で、昨年度は、約90%の方が半年以上仕事を続けることに成功しています。
いろいろな事業所を利用して就職しては挫折し、いろいろな事業所を転々としては中途半端な結果に終わったなど、そういうことをもう繰り返さないで欲しいのです。
 
私たちの理念、
支援するリバーサル「週1通所から」その努力を就労へ
にはそういった思いが込められています。
一緒に、一歩を踏み出しましょう。
 

リバーサル所在地一覧

リバーサルの事業所一覧はこちらからご覧いただけます。

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop