定着支援への取り組み

就職が決まることがゴールではありません。仕事が決まったら、次はどうすれば仕事を長く続けられるかを考えていく必要があります。

リバーサルがご本人はもちろん、企業の方の間に入り、様々なお悩みを解消できるようサポートをしていきます。

1. 内定

希望者には面接の段階から支援員が同行し、企業の担当者と顔合わせを行います。そうすることで、内定をもらってからもスムーズにサポートができます。

2. 入社まで

入社までに、関係機関(就労支援センター、相談支援など)との顔合わせを行い、就職後の支援内容や頻度について話し合います。

3. 入社直後

定期的な面談を行い、ご本人、企業側からお話を伺います。直接伝えにくいことはリバーサルが間に入り、それぞれに伝えるという役割もあります。

4. 入社数カ月~半年程度

就職先にも慣れてきたころには、ご本人が自分から悩みなどを発信できるようサポートをします。自分のことをうまく企業側に伝えることが大切になってきます。

5. 一年程度

徐々にリバーサルの介入頻度を少なくし、地域の関係機関に移行していきます。しかし、リバーサルも必要ならいつでも相談できる体制を取り、継続的な就労ができるようバックアップしていきます。

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop