指定特定相談支援事業所とは?

障害福祉サービスを利用するための「サービス等利用計画」を作成するために、各市町村長が指定した事業所のこと。
 

相談支援とは?

障害者自立支援法(現・障害者総合支援法)の改正により、2012(平成24)年4月から、相談支援の充実として、「相談支援」の定義が、基本相談支援、地域相談支援及び計画相談支援に分けられた。基本相談支援及び地域相談支援のいずれも行う事業を一般相談支援事業といい、基本相談支援及び計画相談支援のいずれも行う事業を特定相談支援事業という。
 

事業内容

障害福祉サービス等を申請した障害者(児)について、サービス等利用計画の作成、及び支給決定後のサービス等利用計画の見直し(モニタリング)を行った場合は、計画相談支援給付費又は障害児相談支援給付費が支給される。
 

利用対象者

障害者自立支援法の計画相談支援の対象者
・障害福祉サービスを申請した障害者又は障害児であって、市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者
・地域相談支援を申請した障害者であって市町村がサービス等利用計画案の提出を求めた者
※介護保険制度のサービスを利用する場合については、障害福祉サービス固有の行動援護、同行援護、自立訓練(生活訓練)、就労移行支援、就労継続支援等の場合で、市町村が必要と認める場合。
児童福祉法の障害児相談支援の対象者
・障害児通所支援を申請した障害児であって市町村が障害児支援利用計画案の提出を求めた者
 

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop