社会人になってから役立つ知識~お茶の淹れ方・出し方~

就労移行支援事業所リバーサルです。
リバーサル各事業所でビジネスマナーや就労講座などをやっていますが、ブログでも有益な情報をお伝えできればと思い、シリーズ化してアップしていきたいと思います!
 

お茶の淹れ方

今回はお茶出しの際によく使われる日本茶・緑茶の淹れ方をおさらいしていきましょう。
 
お茶の淹れ方のポイントは2つあります。「お湯の量」と「お湯の温度」です。お湯の量は湯呑を使って使う量だけ準備しましょう。お湯の温度は一般的に来客に良く用いられる煎茶は70度〜90度の間くらいが適温です。良いお茶の葉であればあるほど、少し低めの温度で、たっぷりの茶葉を使いゆっくり抽出するのがおいしいお茶を入れるコツとのこと。
 

①お湯を取る(湯冷ましをする)

人数分の湯呑にお湯を8分目くらい入れて湯冷ましをします。これにより必要なお湯の量がわかる、湯呑を温める、お茶の甘みを引き出すということができます。
 

③茶葉を急須に入れ、お湯を注ぐ

茶葉の量は、1人2g位。5人分で大さじ2杯位がベストです。急須に湯冷まししたお湯を注ぎ、30秒ほど蒸らします。蒸らすときに急須をゆすってしまうと苦味が出てくるのでNGです。濃い好みの場合は時間を長くして調整してください。
  

④湯呑にお茶を注ぐ

お茶を注ぐときのポイントは濃さを同じにすることです。複数の湯呑にお茶を注ぐときは濃さが均等になるように「廻しつぎ」をします。このとき、最後の一滴まで絞り切るようにして急須の中にはお湯を残さないようにすると三煎目までおいしく飲むことができます。
 

お茶の出し方

お茶を上手に入れることができたら、次はお客様にお茶をお出ししましょう。
 

①お茶を出す準備

湯呑にお茶を注いだら、お盆の上に湯呑を並べ、空きスペースに茶托だけを重ねて置き、できれば清潔な布巾も忘れずに載せます。
応接室に入る際など、ドアを開けるために片手でお盆を支えないといけません。慣れるまでは難しいと思うので、練習しておきましょう。
 

②ノックをして声を掛け入室

お盆を片手で持ち、空いている手で応接室や会議室のドアをノックします。片手だけで支えていたお盆を両手で持ち、「失礼します」と言っておじぎをしてから部屋に入ります。ドアをあけた瞬間は、中にいる人を見て「失礼します」と声をかけます。おじぎの時は、お茶をこぼさないように注意してください。
 

③お客様にお茶を出す

まずは上座のお客様からお茶を出します。入口に近いほうのテーブルの端にお盆を置き、お盆の上で茶托に湯呑をセットしてからお出しします。「失礼します」「どうぞ」と声をかけ、お客様の邪魔にならないようにしましょう。
暑い日は冷たいものを出すなど、相手のことを考えて出すものを考えることも大切な気遣いですね。
 

④会釈して退室

お茶出しが済んだら、お盆を左脇にかかえ退室します。ドアの前で向きを変え、お客様の方をむいて「失礼します」と会釈をします。空いている方の手でドアを開け、身体が外に出たら、もう一度室内を向いて会釈をしてからドアをしめます。
 

いかがでしたか?

意外と間違って覚えていることが多いお茶のマナー。お茶は女性の仕事!という考えの方も多いですが、男性が出すことももちろんあります。女性も男性も、実際に職場で使う前におさらいしておきましょう!
 

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop