就労移行支援とは

 リバーサル本郷スタッフの佐藤です。このブログを書くのは初めてになりますのでまずは自己紹介からしてみたいと思います。リバーサル本郷に来て約3か月になります。それまでは就労継続B型の事業所で約2年間支援員として働いていました。元々は医薬品の販売にかかわる仕事に20年間ぐらい携わっていましたが一念発起して現在の仕事に付いた次第です。初ブログのテーマは『就労移行支援』についてご説明をしたいと思います!
 
みなさんは、こんな不安はありませんか?
・そろそろ就職したいけれど、何から始めて良いか分からない
・体調が不安定なので生活リズムから整えたい
・やりたい仕事が見つからない…
就労移行支援では、そういった一人一人の希望をヒアリングしながら就職までの道のりをサポートします。この福祉サービスを利用するには、まず『受給者証』という証明書が必要です。
お住まいの市区町村の障害福祉課などで手続きを行います。
受給者証の発行期限は2年間です。
一般就労等を希望する方が利用出来ます。(原則18歳以上から65歳未満の身体および知的障害や精神疾患・難病のある方)就労移行支援事業所のプログラムの内容は、事業所ごとに異なります。
リバーサル本郷では、ビジネスマナーやパソコンの操作の他に様々な資格取得を支援していきます。資格は必ずしも取らなくてはいけないというわけではありません。ですが、資格を取るという事は先を見据えての計画、継続して物事に取り組める姿勢といった要素が必要になってくるので、頑張った分だけアピールにつながります!!少しでも皆さんの自信につなげていけたらなと思っています。
就職をされた後も、ご本人のアフターフォローや企業と連絡を取り合いながら定着まで支援をさせて頂きます。以上のようなことを行うのが就労移行支援事業所になります。
 
リバーサル本郷では何か不安なことがあったら、いつでも相談出来るようスタッフが一丸となってサポートいたしますので、ご安心ください!!

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop