ビジネスマナー講座やりましたよ。@本郷

こんにちは、就労移行支援事業所リバーサル本郷です。
 
今回のビジネスマナーのテーマは「実習を受けよう」でした。
 「実習」とは、各企業においてお試しで働かせてもらえるものです。
 また、実習後に就労へ繋がるものもあります。
 
実習を受ける為の準備は
 ➀週20時間以上の安定通所が出来ている事が目安です。
 ②自分自身を客観的に把握しておく事です。
  例えば、得意なこと、苦手なこと、配慮が必要なことなどです。
 ③実習においての、メリットやデメリットなども考えておくと良いでしょう。
 
実習を受ける為の準備が整ったら、実習面談会に参加になると思います。
 その際には、履歴書の準備(仕事財団の場合はプロフィールカードを提出します)、
 面談練習、適切な服装(スーツ)、鞄、身だしなみを整えましょう。
 面談では、面接官の目を見て話し(目を見て言いづらい人はおでこやあごを見てお話しするのもいいと思います)
 また、志望理由、自己紹介、意欲のアピール、自分の障害について配慮して欲しいこと等は自分の言葉で言えるようにしておくと良いでしょう。
 
実習を受ける時には、明るく挨拶をして会社のルールを覚え、忘れそうな事はメモを取り
 就業開始15~20分前に出社する事です。
企業は、賃金にみあう労働が出来ているか、会社のルールや時間に合わせられるか、
 また、仕事の進み具合が適切に報告出来ているか等、みられていると思います。
それと、何か失敗した時にはすぐに上司に報告する事が大事だと思います。
実習が終わったら、振り返りをしましょう。
 
実習においての自分の課題がきちんと行えたかが重要だと思います。
 仕事面で、業務内容が自分に合っていたか、実習に慣れたか。
 上司や先輩たちとコミュニケーションが取れたか。
 体調面や精神面で、何か変化があったか。
 など、良かったことや、出来なかったこと、自分の問題点等をはっきり記録しておくといいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop