障害者雇用について

リバーサル本郷の佐藤です。

今回は先週からの続きで【障害者雇用】についてですが先日某企業の障害者採用担当の方にお会いして話を聞くことができたのでその時の事について書いていきます。まず質問したのはどのような人を採用するのかです。答えは仕事を頼みやすい人でした。そのための第一歩は安定した勤務です。決められた日時にしっかりと会社に来ることそして決められた時間まで勤務することです。この答えを聞いて改めて生活リズムを整える大切さを実感しました。みなさんも色々な事情があると思いますが安定通所が安定勤務の第一歩であると考えられますので積極的に取り組んでいきましょう。

続けて求める人材としてできないという前に努力する工夫する、そして挑戦する人だと言われていました。こちらでは障害者雇用と一般雇用で賃金差はない(職種別にはあり)との方針で取り組んでいるためか、かなり厳しいという印象でしたが確かに仕事は大変なのである程度の厳しさは必要ではないのかという気持ちになりました。企業によって求める人材は様々だと思われますが基本的なことは共通することも多々あると思います。話を聞かせていただいた方は10年近く障害者雇用に携わり現在もその業務を行っています。今後の皆さんの活動に少しでもお役に立てればと思い書きました。今後も色々な情報を集めて発信できればと考えています。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop