キラリ☆ハットを探そう!!

こんにちは!就労移行支援事業所 サービス管理責任者の藤原です。
先日前職の友人や関わり合いのある方と食事をしてきました。
とってもおいしい中華料理だったのですが、その話から始めると長くなるので(笑)そこで聞いた“キラリ☆ハット”という言葉を紹介します。
  
“ヒヤリ・ハット”という言葉を皆さん聞いたことがあるでしょうか?様々な企業で使われる言葉ですが、特に福祉や医療の業界で、業務中に「ヒヤリッ」としたり「ハッ」とした出来事を検証し、事故を未然に防ごうという取り組みとして、取り入れている事業所は多いかなと思います。例えば、ある工事現場において1件の重大事故が発生した場合、その現場では過去に軽微な事故が29件発生しており、さらには事故につながっていた可能性のある事例が300件起きていたということになる。逆に言えば、300件の“ヒヤリ・ハット”する事例が起きれば1件の重大事故が発生するというハインリッヒの法則などもヒヤリハットの統計として有名なものです。
もちろんリバーサルでもこういった取り組みの中で、大きな事故を未然に防ぐべくヒヤリ・ハット報告で気を緩めることなく支援にあたろうと努力しています。
  
友人の勤務する保育園では日々の“ヒヤリ・ハット”報告に加え、個人の“キラリ☆ハット”報告として、園児のたのしい言葉や会話、できるようになったことを報告したり、ノート記入しているのだとか。業務をする上で当たり前の事でもみんなで喜べたらモチベーションも上がりますね。新社会人のイラスト「サラリーマン・OL」
  
リバーサルではどうだろう??
スタッフからメンバーさんへ、メンバーさん同士やスタッフ同士、メンバーさんからスタッフへ。素敵な言葉や前向きな意見、優しい声かけや楽しい行動など、お互いのキラリッを見つけて伝え合えれば社会人としてのモチベーションが上がるなあ、それを自分の強み(ストレングス)に変えていけたらいいなあ(^^)/きっとみんなならできそう!!
  
そして私はみんなの“キラリ☆ハット”をどんどん伝えていきたいな!! …と心に決めた週末なのでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop