気持ちを表現する

こんにちは、リバーサル本郷スタッフのタカハシです。今日のリバーサル本郷の午後のプログラムはアサ―ション講座でした。前回のときも紹介しましたが普段の講座は実際の生活でありそうな例をだして「こんな時、アサ―ション的返答するにはどうする?」と言うような講座をしていますが、今回は、アサ―ション講座初参加の方も多かった為もう一度基礎をおさらいしました。

これを読んで、(あれ…何だったかしら)と思った方!ここでも少しおさらい。

 

 

アサ―ションとは相手の気持ちを大切にしつつ、自分の気持ちもさわやかに伝えるコミュニケーションです。

自分の意見を押し通したり、相手に言われるままになってしまわないというのがポイントです。

 

このアサ―ション的なコミュニケーションで大切になってくるのが上手く相手に自分の事を伝える技術。

例えば、病院へ行くとよく、「今日はどうされました?」と聞かれることがありますね。こんな時、「辛いんです。」のひとことで返答してしまうと…

ちゃんと自分に適した薬も出ないかもしれないし、対処法も曖昧になるかもしれません。

 

今日は同じような気持ちでもいろんな表現を沢山みんなで出し合い、表現を知ろうというテーマで色んな言葉を出してもらいました。

辞書を持ち出して難しい四字熟語を書いてくれた方もいましたし、意外と最近使っていないなと言うような表現を発表してくれたかたもいました。

 

今日はざっくりと沢山あげてもらいましたが、いろんな気持ちの言葉を探してまた、こうやってみんなで意見を出し合うことで色んな言葉を知ったり、思い出したりして語彙力を高めるとまたコミュニケーションスキルの向上にも役立つと思いました。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop