東大ウォーキング@本郷

こんにちは~、リバーサル本郷・スタッフの中村です。
緑が美しい五月ですね。
リバーサル本郷ではゴールデンウィーク中に体力アップ企画として、
3日連続のウォーキングプログラムを企画しました。
 
先日、その第一弾として『東大ウォーキング』に行ってきました。
リバーサル本郷は本郷三丁目駅のすぐそばにあり、
東大も散策によく出かけます。
 
元加賀藩前田家の上屋敷跡地にある東大は、
有名な赤門安田講堂、夏目漱石の小説で名づけられた三四郎池
秋には美しく色づく銀杏並木など、
フォトジェニックなスポットもいっぱいです。
また緑やベンチも多く、地元の方々の憩いの場ともなっています。
 
今回は遊びを少し追加して、ビンゴをしながら散策を楽しみました。
東大と言っても構内はかなり広いです。
見つけるスポットは9つ。
コンプリートされた利用者さんも一人いらっしゃいました。
私が見つけたのは6つで、3kmほど歩くことが出来ました。
 
その中の1つ、ちょっと離れた農学部の敷地内にある『上野博士とハチ公像』をご存知ですか?
 
忠犬ハチ公と言えば渋谷駅にある銅像が有名ですが、
ハチの飼い主の上野博士が東京大学農学部の教授だった縁で、
数年前にここ東大にも造られました。
 
上野博士は実際大学内で急逝、
自宅にある渋谷に帰ることが出来ず、
主人の死を知らないハチは上野博士を待って10年にわたり来る日も来る日も渋谷駅に通うことになったわけです。
 
この像は出張から帰ってきた博士をハチがはしゃいで出迎える姿になっており、
ハチの80年目の命日に除幕式が行われ、90年ぶりの再会となったのです。
渋谷駅のハチ公は上野博士を待っているハチ公で、
この東大のハチ公は上野博士と会えたハチ公。
ハチ公の物語を知っている人にはちょっと感動の像ですね。
 
これからの季節、おでかけに最適の気候です。
リバーサル本郷では毎週木曜日に運動プログラムを行っています。
見学・体験なども随時受けつけていますので、お気軽にどうぞ。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop