就労定着支援事業について①@本郷

リバーサル本郷の藤原です。

4月はママと離れたくない近所の小学一年生が毎日毎日校門で泣き叫んでいて心配でしたが、
5月に入り笑顔でお友達とカバンを振り回しながら通学していました。
子どもは順応性が高いですね(笑)

 

さて、リバーサルは新年度から就労定着支援事業所リバーサルを創設いたしました。
 
就労定着支援とは、
平成30年度に新たに創設された障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスの一つです。
 
障害のある方の雇用を取り巻く状況として、
雇用障害者数、実雇用率ともに6年連続で障害者雇用数は過去最高を更新しています。
平成25年の法改正で、精神障害者の雇用義務となり、
平成30年4月より障害者雇用率が2.0%から2.2%に引き上げられました。
 
こうして障害がある方が社会参加しやすくなり、
就労移行支援などを利用し企業など一般就労される方が増加しています。
そのため就労に伴う生活面の課題に対応できるよう、
企業・家族との連絡調整等の支援、
社会資源との連携を一定の期間にわたり行うサービス「就労定着支援」を立ち上げました。
 
就労移行支援事業として就労準備、就職活動、などの就職支援を行い、
また、就労定着支援事業として障害のある方が雇用された企業などで就労の継続を図るため、
関係者との連絡調整、
雇用に伴い生じる日常生活又は社会生活を営む上での各般の問題に関する相談による課題把握、
指導及び助言その他の必要な支援、
その他必要な支援などを行います。

 

当事者やご家族様から

自分の障害や症状について相談したい

仕事は続けたいが、最近疲れがたまってきて調子が悪い

仕事には慣れてきたが、同僚に慣れていない

上司に言いたいことが言えないので間に入って調整してほしい

また企業側から

特性を考えるとどのように注意してよいかわからない

勤怠管理が崩れているので立て直してほしい

スキルを活かして戦力となってほしい

仕事と生活の両立で自立してほしい

悩み事を聞いたがどのように解決してあげればよいか

 

など、各方面からの悩みやご希望をお聞きした上で、
障害をお持ちの方が企業で安心して働けるよう、
さまざまな社会資源を活用しながらサポートいたします。

実際にどんなサービスを受けられるのか?はまた次回詳しくお伝えします!
一刻も早く知りたい方は、
お近くの就労移行支援事業所リバーサルまでお問い合わせください!
お待ちしております!!

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop