生活リズム@本八幡

リバーサル本八幡スタッフの佐藤です。

前回は呼吸法について紹介しました。

私の経験上からも効果は望めると思うので是非とも試してください。

 

とはいえやはり基本は生活リズムを整えることではないかと考えます。

感情を安定させるには生活リズムを整えることがとても大切です。

生活が乱れていると、朝よい気分で目覚めることができません。

これでは、今日一日の活動への意欲もわかないでしょう。

しかし、規則正しい一日の生活リズムが身についてくると、朝起きることが苦痛でなくなってきます。

もともと人の睡眠は、地球の自転のリズムに合わせて、太陽が沈んだら眠り、太陽光を浴びたら目が覚めるようにできています。

人間は、1日が24時間のリズムに合わせていると、最大のパフォーマンスで生活することができます。

この自然な生活リズムは昼間に太陽の光を浴びることでセットされています。

 

陽が当たらない部屋で生活している人は、朝起きたら陽の当たるところに移動し、軽く体を動かしてみましょう。

日光の刺激で脳が朝になったことを感知して自律神経がはたらき、体が快適に動きだすようになります。気をつけたいのは夜の過ごし方です。

いまや私達の生活の一部になってしまった大画面テレビ、パソコン、携帯電話。これらはすべて、それ自体が光源です。

カラフルな光源は目から脳へと強い刺激を届け、脳が睡眠の準備に入ることを妨げます。夜遅くコンビニに行く習慣のある人も気をつけましょう。

コンビニの照明はとくに明るいので、脳や自律神経の一日のリズムを乱すことがあります。パソコンや携帯電話の使用は眠る1~2時間前にはやめましょう。

そして室内の明かりを落とし落ち着いた時間を過ごすように心掛けましょう。

また日中に体を動かすことが少ない生活が続くと、夜眠れなくなり、生活リズムが乱れることがあります。

そんな人は日中、外に出て軽い運動をする習慣をつけるとよいでしょう。

 

リバーサル本八幡では運動プログラムとして週に一回卓球を行っています。

みんなさん集中して取り組んでいて実力もめきめきとついてきているようです。

興味のある方は是非ともお越しください。お待ちしております。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop