毒舌に要注意!!@本郷

こんにちは!サービス管理責任者の藤原です。
 
プライベートな話で恐縮ですが、
先日バイオリニストの葉加瀬太郎さん、高嶋ちさ子さん、古澤巌さんが出演する
ハッツフェス2018最終日を鑑賞してきました。
場所は日本武道館で満員御礼!
そしてそれぞれの持ち味を活かした演奏に感動しました。
 
ところで高嶋ちさ子さんといえば、最近テレビでおなじみの毒舌ぶり。
ご本人は舞台で「本当は心優しくおしとやかな性格なのに…モンスターペアレントでもないのにあんな演技させられて…」と嘆いていらっしゃいましたが、
当日の舞台でもテレビで見るのと変わらない毒舌ぶりで他の共演者さんがたじたじになる場面を面白おかしく楽しみました。
 
と、ここまではよかったのですが、アンコールで弾いたハイドンの「ひばり」。
ひとりずつソロパートをつないでいくはずが…
あれれ?高嶋さんが自分のパートを弾き忘れてしまったんです(笑)
オケを止める葉加瀬さん。
そしてなんと高嶋さんはあの五億円はくだらないといわれる名器、ストラディバリウスを床に置いての土下座!!
叱るようなしぐさの葉加瀬さん!!
もちろん観客側もパフォーマンスであることはわかっています(間違えたのは本当でしょうけど)し、
共演者の方々も毒舌だけでない「心優しくおしとやかな性格」の高嶋さんを知っているでしょうから??会場が笑いに包まれたわけですが、あまり毒舌ばかり人にぶつけていると、自分が失敗したとき仕返しと言わんばかりに怒られたり、高嶋さんのように土下座するはめになるかもしれませんよね(笑)
 
毒舌が許されるのも普段のコミュニケーションからくる信頼関係があってこそ。
相手が笑えて場が和めばいいのですが、
相手を不快にせず、相手や場が和むかどうか判断する力、
コミュニケーション能力、毒舌センスが必要なので気をつけなければいけません
(高嶋さんはこの能力が高いからこそ受け入れられるんでしょうね!)。
 
・毒舌のつもりが暴言になる
 
なんてことにならないよう、発言には注意したいところです\(^o^)/

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop