暑い夏こそきちんと食べましょう!@本郷

暑いですね、暑いしか言葉が出てこない本郷の藤原です。
 
リバーサルに来る途中の電車内の会話も「暑い―――」、
近所のおばさま方も「お暑うございます」。
 
とにかく暑い毎日です。
こう暑いと食欲もなくなりますし、料理を作る気力もなくなります。
 
がしかし!
 
今日はみなさんに暑い日に簡単で美味しく食べられる!!麺料理を紹介します。
私はもともとホームヘルパーから福祉の仕事に取り組んで〇十年。
いろんなお宅でアレルギーや好み、
咀嚼(そしゃく)に合わせた料理を作ってきました。
だからそこそこ料理は得意で手早いのが自慢です。では行ってみましょう!
 
<材料>
・なす        2本
・油揚げ か 豚ひき肉 お好み量
・みょうが      1個
・そうめん      150g
 
<作り方>
【1】なすは5mm厚さに切って5分ほど水にさらしてアクを抜き、水けを除いておきます。
    油揚げやみょうがを薄切りにしておきます。
【2】鍋にごま油を熱して【1】のなす、みょうが、油揚げを炒めます。
    全体に油が回ったらだし汁やしょうゆ、砂糖、みりんでお好きな味のつゆをすべて加えます。沸騰したら弱火にして、10分ほど煮ます。
【3】【2】の粗熱をとり、冷蔵庫で冷やしておきます。
【4】そうめんをたっぷりのお湯でゆで、冷水にとって洗った後、水けをきります。2つの器に分け、それぞれに【3】の冷やしなす入りのめんつゆを上からかけます。
 
かんたんでしょう?
当時訪問していた高齢者の利用者さんからこのそうめんを作ってほしいと頼まれて
(そうめんになすとかありえないでしょ…)と思いながらしぶしぶ作っていましたが、
なんとこれは香川県のご当地グルメなんだとか。
私も自宅で作ってみたらとってもおいしかったので、
それ以来毎年夏になるとその利用者さんを思い出しながら、
このお気に入りそうめんを食べています。
 
野菜やたんぱく質も取れて簡単に作れるのでおすすめです!
ちなみに温かいそうめん(にゅうめんというそう)やうどんで食べてもおいしいです。
 
仕上げに小口切りにした小ねぎを散らしたり、
山椒を振ってもおいしいですよ!
ぜひお試しください!

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop