防災の意識@浦安

こんにちは
リバーサルスタッフのはしこです。
9月1日は防災の日
 
この度の北海道や九州北部の自然災害を日々報道で目にします。現地で被災された方やその家族、大切は人に連絡が思うように取れず眠れぬ日々を過ごしている方のことを思うと苦しく居ても立っても居られない気持ちになります。
少しでも役に立てることを冷静に探していきたいですね。
 
誰かの役に立つことをしたいと思うことはとても良いことですが実際にはとても難しいことです。冷静に相手のことを知ることが支援には必要ですね。
これは今回に限ったことではありませんが、良かれと思って動いたことが裏目に出るということがありますね。
 
相手の立場に立って考える
一番大切ですが難しいことです。
 
支援物資をたくさん送る。実はこれが適切な量や場所でないところに送られてしまったり、本当に必要なものが届かないほど混雑してしまうこともよくあると聞きます。
 
手助けする側は冷静に情報収集が必要ですね。
 
それに何より
実際に自分が災害に遭遇しないとは限りません。普段からの備えや準備をしておきましょう。
 
・会社の災害伝言板を利用するため実際に試しておく、試さなくても動画で確認しておく。これを自分だけでなく家族身近な人にも伝えましょう。連絡する先があるだけで連絡が取れる確率が上がります
 
・家族や会社の仲間など身近な人といざとなった時どんな場所に逃げるか、どこに伝言を残すか話し合う。これは忘れがちですが大切です。
区役所などで配布しているハザードマップを見ながら「水害だったらここ」「地震だったらここ」「職場で被災したらここ」など話し合いましょう。
 
・職場や学校、住んでいる家の避難経路は知っていますか?
時間のある時に確認していつでも使える状態に整備しておきましょう。
職場や学校では避難訓練などもあるので積極的に参加しておきましょう。
 
リバーサル浦安ではこまめに避難訓練や避難用具の点検を行っています。事業所が二階にあるため避難用滑り台のようなものも新しくして安全な使い方を消防署の方や避難用具メーカーの方とレクチャーがありました。
 
災害の備えは他にもたくさんあります。防災マニアはしこが
次回またどこかで準備しておいた方が良い防災用具を紹介しようと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop