ボディメカニクス@本八幡

こんにちは、リバーサル本八幡のポテトです。

 

利用されている方が介護の仕事へ就職希望されたことがきっかけで、介護の学習プログラムをとの声が出たので、元介護職員として何かお伝えできることはないか?と考えた末に、「ボディメカニクス」についてのプログラムを行いました。

ボディメカニクスとは何でしょうか?

人間の運動機能である骨・関節・筋肉等の相互関係の総称、あるいは力学的相互関係を活用した技術のことです。

身体に負担のかかりにくい動きを理解し、活用していくことによって自身と利用者の負担を軽減することに役に立つと思います。

 

ボディメカニクスには「基本8原則」というものがあります。こちらを簡単に見ていきます。

 

  1. 重心を近づける

対象者(物)にできるだけ近づく、両手を延ばしている状態ではなく、密着する位相手に近づきます。

  1. 対象者(物)を小さくまとめる

身体を小さく球体に近づける。腕を胸の前で組み、膝を曲げるなどして、できるだけ球体に近づけ小さくします。

  1. 支持基底面を広くする

支持基底面とは、身体を支える(支持)ため、床と接している部分を結んだ範囲のことです。介助者が足幅を前後・左右に開き、立位姿勢の安定性を向上させます。

  1. 重心を低くする

膝を曲げて、腰を落とすことで、姿勢が安定し、腰への負荷が小さくなります。

  1. 身体をねじらない

身体をねじると重心がぐらつき、不安定になり腰痛の原因にもなるため注意が必要です。

足先を動作の方向に向けると、身体をねじらず姿勢が安定します。

  1. 大きな筋肉群を使う

腕や手先だけではなく、足腰の大きな筋肉を意識しながら動きます。腹筋・背筋・大腿四頭筋・大殿筋などの大きな筋肉を同時に使うことで1つの筋肉にかかる負荷が小さくなり、大きな力で動くことができます。

  1. 水平移動をする

ベッド上で移動は、身体を持ち上げず横に滑らせると、容易に移動できます。

  1. てこの原理を使う

学校で習った、支点・力点・作用点を使って、小さい力を大きい力に変える原理です。

ということを使って、移乗介助などやってみたかったのですがそのような用具が無いため、寝っ転がって簡単な介護技術のプログラムとなってしまいました。

 

久しぶりに介護技術を使用してみると、やはり面白いですね、また戻ってやってみたくなってしまったのは事実ですが、体がもつのか不安です。

 

知っておくと自身の負担も少なくなりますので、興味があれば調べてみて下さい。

 

****************************************

 

リバーサルでは、見学・体験を随時承っております!! ☺

お気軽にお近くの事業所にご相談ください。

リバーサル本八幡 TEL : 047-711-1205

E-mail : reversal.motoyawata@aver.jp

一人で悩まず、まずはご相談下さい。ご連絡お待ちしております♪

 

****************************************

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop