働くことについて悩んだら・・・『あるスーパーのレジ打ちの女性の話①』 @本八幡

こんにちは♪リバーサル本八幡の桜田です☺

『働く』ことについて考えさせられる記事があったので、

皆さんにご紹介をしたいと思います。

 

『あるスーパーのレジ打ちの女性の話』

その女性は、何をしても続かない子でした。

田舎から東京の大学に来て部活やサークルに入ったのは良いのですが、

すぐにイヤになって次々と所属を変えていくような子だったのです。

そんな彼女にも、やがて就職の時期が来ました。

最初、彼女はメーカー系の企業に就職します。

ところが仕事が続きません。

勤め始めて3ヶ月もしないうちに上司と衝突し、あっという間にやめてしまいました。

次に選んだ就職先は、物流の会社です。

しかし、入ってみて自分が予想していた仕事とは違うという理由でやはり半年ほどでやめてしまいました。

 

その次に入った会社は、医療事務の仕事でした。

しかしそれも『やはりこの仕事じゃない』と言ってやめてしまいました。

そうしたことを繰り返しているうち、いつしか彼女の履歴書には入社と退社の経歴がズラっと並ぶようになっていました。

 

すると、そういう内容の履歴書では正社員に雇ってくれる会社がなくなってきます。

ついに、彼女はどこへ行っても正社員として採用してもらえなくなりました。

だからといって生活のためには働かないわけにはいきません。

田舎の両親は早く帰って来いと言ってくれます。

しかし、負け犬のようで帰りたく、ありません。

 

結局、彼女は派遣社員に登録しました。

ところが、その派遣も勤まりません。

すぐに派遣先の社員とトラブルを起こし、イヤなことがあればその仕事をやめてしまうのです。

彼女の履歴書には、やめた派遣先のリストが長々と追加されていました。

ある日のことです。新しい仕事先の紹介が届きました。

それは、スーパーでレジを打つ仕事でした。

ところが勤めて1週間もすると、 彼女はレジ打ちに飽きてきました。

ある程度仕事に慣れてきて、『私はこんな簡単な作業のためにいるのではない』と考えだしたのです。

その時、今までさんざん転々としてきながら我慢の続かない自分が彼女自身も嫌いになっていました。

 

もっとがんばるか、それとも田舎に帰ろうか。

とりあえず辞表だけ作って、決心をつけかねていました。

 

するとそこへ、お母さんから電話がかかってきました。

また田舎に帰ってくるよううながされこれで迷いが吹っ切れました。

彼女はアパートを引き払ったらその足で辞表を出し、田舎に戻るつもりで部屋を片付け始めました。

 

長い東京生活で、荷物の量はかなりのものです。

あれこれ段ボールに詰めていると、机の引き出しの奥から手帳が出てきました。

小さい頃に書き綴った自分の大切な日記でした。

無くなって探していたものでした。

そして日記をパラパラとめくっているうち

彼女は、『私はピアニストになりたい』と書かれているページを発見しました。

そう、彼女の小学校時代の夢です。

 

『そうだ。あの頃私は、ピアニストになりたくて練習を頑張っていたっけ』

彼女はあの時を思い出しました。

彼女は心から夢を追い掛けていた自分を思い出し、日記を見つめたまま、本当に情けなくなりました。

『あんなに希望に燃えていた自分が今はどうだろうか。

なんて情けないんだろう。そして、また今の仕事から逃げようとしている…』

彼女は静かに日記を閉じ、泣きながらお母さんに電話したのです。

『お母さん、私、もう少しここでがんばるね』

彼女は用意していた辞表を破り、翌日もあの単調なレジ打ちの仕事をするために、スーパーへ出勤していきました。

ところが『2、3日でもいいから』と頑張っていた彼女にふとある考えが浮かびます。

『私は昔、ピアノの練習中に何度も何度も弾き間違えたけど

繰り返しているうち、どのキーがどこにあるのか指が覚えていた。

そうなったら鍵盤を見ずに、楽譜を見るだけで弾けるようになった』

彼女は昔を思い出し、心に決めたのです。

『そうだ、私は私流にレジ打ちを極めてみよう』と。

そして数日のうちに、ものすごいスピードでレジが打てるようになったのです。

*** ②に続く ***

参考:「涙の数だけ大きくなれる」

木下晴弘 著書

フォレスト出版

****************************************

 

リバーサルでは、見学・体験を随時承っております!! ☺

お気軽にお近くの事業所にご相談ください。

リバーサル本八幡 TEL : 047-711-1205

E-mail : reversal.motoyawata@aver.jp

一人で悩まず、まずはご相談下さい。ご連絡お待ちしております♪

 

****************************************

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop