EMDRのやり方@本八幡

リバーサル本八幡の佐藤です。

前回は認知行動療法の一つであるEMDRについて紹介しました。

今回はもう少し具体的なEMDRのやり方を紹介していきます。

EMDRでは、クライエントは一つのトラウマのエピソードを頭に思い浮かべながら、治療者が腕を左右に振りますので、その指先を目だけを動かして見続けてもらいます。

それにより、目が左右に動くと思います。

基本的にはそれだけです。そうすることにより、トラウマ記憶がどんどんと変化していきます。

そして、それにともなって、トラウマ記憶にともなう認知や感情、身体感覚も変化していきます。補足すると、EMDRでは眼球を動かす方法だけではなく、音による刺激やタッピングの刺激でも同様の効果を得ることができます。

このような方法でトラウマ記憶に向き合っていきます。

しかし、EMDRがいつもスムーズにいくとは限りません。

時には感情があふれたり、辛くなったり、苦しくなったりもしますが、そうした過程も必要なこととして向き合っていくことがEMDRでは大切になってきます。

1回限りの(単発性の)トラウマであれば、数回ほどのEMDRで終えることもあります。

虐待など繰り返されたトラウマの場合であれば、EMDRを10数セッションから数十セッションも費やすこともあります。

EMDRといっても万能な方法ではありませんので、それなりの積み重ねは必要なのです。

ただしこの治療法は自己流で行うと症状が悪化することがあります。必ず専門家のもとで行ってください。

専門家は日本EMDR学会のサイトで紹介されています。ご参照ください。

https://www.emdr.jp/

 

****************************************

 

リバーサルでは、見学・体験を随時承っております!! ☺

お気軽にお近くの事業所にご相談ください。

リバーサル本八幡 TEL : 047-711-1205

E-mail : reversal.motoyawata@aver.jp

一人で悩まず、まずはご相談下さい。ご連絡お待ちしております♪

 

****************************************

 

コメントを残す

サブコンテンツ

文字サイズ

ReturnTop