大晦日とは@浦安

こんにちは。浦安のスタッフです。
平成最後の年の瀬はいかがお過ごしでしょうか?
本日リバーサルは今年最後の開所日、毎年恒例の大掃除を午後からおこないました。
普段なかなかできない場所の掃除もできたので、新年4日から気持ちよくスタートできますね。
 
さてこれから大晦日を迎えるのですが、なぜ大晦日と呼ばれるのか気になり調べてみました。
1年の最後の日を大晦日(おおみそか)・大晦(おおつごもり)と言うようです。
晦日(みそか)というのは毎月の最後の日のことと言う意味があり、1年の最後の特別な最後の日ということで「」を付けて大晦日と呼んでいるそうです。
 
大晦日では1年の罪や穢(けが)れを祓(はら)うために、お祓いが神社でおこなっているようですが、あまり年末に神社に行かない私は調べてからはじめて知ったことです。
 
その大晦日で食べられている年越しそばは江戸時代から始まり、金箔職人が細かい金箔を取るためにそば粉を使用していたことから年越しそばを残すと翌年金運に恵まれないと言われているそうです。
 
年越しそばですが以前の浦安のプログラムで、「年越しはそば?orうどん?」と言うことを参加者の皆さんに聞いたことがあります。
「うどんが好きだから」「そばを小さい頃から食べているから」と出ましたが意外にも「食べない」や「ラーメンを食べる」と言った意見も出て、皆さんそれぞれの過ごし方をしているのだなぁと思うことがありました。
 
話がそれましたが今年最後の日をみなさんゆっくり過ごせるといいですね。
では、よいお年を。
 
♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪
リバーサルでは見学・体験を随時承っております。
ホームページ上部のお問い合わせから、
もしくはお近くの事業所あてにご連絡ください!
リバーサル浦安
📞047-307-9361
✉reversal.urayasu@aver.jp
ブログも随時更新中!
是非毎日チェックしてくださいね\(^o^)/
♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン