掃除@本郷

おはようございます。
リバーサル本郷、鈴木でございます。

 
年が明けてお正月だと思ったら、もう2月になりました。

学生の時と比べて1年が本当にあっという間で、
目的意識をもって毎日過ごしていきたいと常日頃から思ってはいます…
いるけどなかなか難しい…
 
さて、話は変わって、今回のブログのテーマは『掃除』ということで
掃除のちょっとしたテクニックをお伝えしたいと思います。
 
まず、皆さん掃除は好きでしょうか?
私は、気になったら一気にやるタイプです。

なんかのCMで「浴槽は菌の温床です」って言ってたのを思い出しました。
湿気も多く菌が繁殖しやすい環境・・・浴室。
 
なので、浴室の掃除について紹介していきたいと思います。

お風呂掃除の手順はまず中和から

汚れには「酸性の汚れ」と「アルカリ性の汚れ」があります。
反対の性質のものを使うことで、汚れは中和されて落ちやすくなります。
 
皮脂や手あか、飛び跳ねたシャンプーなどは「酸性の汚れ」には、
アルカリ性の重曹やセスキ炭酸ソーダなどを使用します
 
白く固まってしまうと頑固になる水あか、石けんカスなどは「アルカリ性の汚れ」です。
酸性のクエン酸(または酢)などを使用することで中和されます。
中和させた汚れは、こびりついていた状態から浮いた状態に変わりますので、
軽い力で落ちていきます。

 
排水溝の汚れ
髪の毛やヌメリがあるので触りたくないですね…ゴム手袋をしつつ頑張りましょう。
シンクや洗面所の排水口にも応用できます。
重曹と酢を使えば簡単に綺麗になりますよ。

  
〈やり方〉
① 排水口内の髪の毛を取り除く
② 排水口に重曹をまんべんなくふりかける
③ その上から酢をかける
④ 重曹とクエン酸が反応してシュワシュワと泡立ち始めるので30分以上放置する
⑤ シャワーで洗い流す 
残った汚れは歯ブラシでこすれば簡単に落ちます。

 
是非、参考にしてください

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン