更生保護②@本八幡

こんにちは、リバーサル本八幡のポテトです。

 

前回の更生保護の続きです。

更生保護の実際

 更生保護には、

  • 保護観察
  • 応急の救護等及び更生緊急保護
  • 仮釈放・少年院からの仮退院等
  • 生活環境の調整
  • 恩赦
  • 犯罪予防活動などが含まれている。

 

①保護観察官…地方更生保護委員会事務局および保護観察所に配置され、保護観察の実施、調査の実施、生活環境の調整の実施、犯罪をした者および非行のある少年の更生保護、犯罪予防に関する事務に従事している。保護観察は、保護観察対象者の改善更生を図ることを目的として、指導監督および補導援護を、面接等の方法で保護観察対象者と接触を保ち、遵守事項を遵守し、行動指針に即して生活行動できるように指示を行ったり、犯罪的傾向を改善するための専門的処遇を実施している。生活環境の調整は、刑事施設や少年院等の矯正施設収容中の者が、釈放された後に円滑な社会復帰を果たすために、釈放後の住居、就業先その他の生活環境の確保を行っている。調査の実施は、刑事施設や少年院等の矯正施設収容中の者と面接を行い、犯罪や非行に対する反省の気持ちや問題点を把握し、改善更生の状況や出所後の生活計画の調査を行い、仮釈放や仮退院の審理に必要な調査を行う。他に釈放になった者で、生活困窮者に対する更生緊急保護、保護観察中に再犯のおそれがある対象者に不良措置、保護観察中に所在不明になっている者の所在調査、犯罪予防活動などを行っている。

 犯罪や非行を行ってしまった者の再犯を防止するためには、生活における環境の調整が不可欠である。生活環境や人間関係など改善することにより、再犯を防止・予防につながることが期待できる。これは、釈放後に保護観察官が定期的で密な面接を行うことにより可能になるのではないだろうか。依存性のある覚せい剤等は、簡易薬物検出検査が行われ効果を発揮している。アルコール等は、同じような症状で悩んでいる人を集める会等に出席させ、同じ目標に立ち向かっていく仲間意識を持たせることによってやる気を起こさせ、改善に向かう可能性がある。

 

 ②社会復帰調整官…保護観察所に配置され医療観察制度の業務に従事している。医療観察制度では、これまで保護観察所が担ってきた更生保護業務とは対象者や業務内容が異なるため、精神保健福祉士のほか、社会福祉士、保健師、看護師、作業療法士の有資格者で一定の業務経験を有する者など、精神障害者の保険および福祉に関する専門的知識を有する者が業務にあたっている。

心神喪失または心神衰弱、精神の障害のために善悪の判断がつかないなど、刑事責任能力を問えない状態で、重大な他害行為を行った者に、必要な医療を確保し症状の改善を図り、再び犯罪を繰り返すことの無いように社会復帰を促進する。 

 保護観察官と連携して、生活環境の調整を行ったり、医療観察制度での精神障害を精神医療との連携で行い、治療への関与、入院や退院への関わりを行ったり、地域社会と連携して医療・福祉に従事している。

 

次回へ続きます。

 

************************************

 

リバーサルでは、見学・体験を随時承っております!! ☺

お気軽にお近くの事業所にご相談ください。

リバーサル本八幡 TEL : 047-711-1205

E-mail : reversal.motoyawata@aver.jp

一人で悩まず、まずはご相談下さい。ご連絡お待ちしております♪

 

************************************

 

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン