夏と言えば?!

こんにちは。就労移行支援事業所リバーサル本郷スタッフの大浦です。
夏と言えば?…………….やっぱりアイスですよね!今日も頑張った一日のご褒美に❤と、言い訳をしつつ最近はついつい毎日食べてクールダウンしています。
そんな話をしていると、「アイスクリームの呼び方にもいろいろあるんだよ!調べてみるといいよ。」と先輩スタッフからどや顔でアドバイスがあり(笑)、アイスクリームのパッケージをよく見ると、『アイスクリーム』や『ラクトアイス』と、確かに商品によって記載が違っていたので、早速調べてみました。 
  

◎厚生労働省が決めているアイスクリームの種類別の名前◎ 
  
➀アイスクリームとは乳固形分15.0%以上 (うち乳脂肪が8.0%以上) 入っているもの。
➁アイスミルクとは乳固形分10.0%以上 (うち乳脂肪が3.0%以上) 入っているもの。
➂ラクトアイスとは乳固形分3.0%以上入っているもの。
➃氷菓とは乳固形分がラクトアイスより低いか入っていないもの。  
   
※「乳固形分」は乳製品の中の水分以外の部分のことで、「乳脂肪分」は乳固形分に含まれる脂肪分で、バターやクリームになる成分を指します。 それ以外の「乳固形分」は「無脂乳固形分」と言い、いわゆる脱脂粉乳などがこれにあたります。 
   

成分量によって名称が違うんですね~。今まで美味しそうだな~くらいにしかパッケージを見ることはなかったのですが、食べる物に少し関心をもって、食べ過ぎに注意し、アイスクリームとともに夏を乗り越えたいと思います。
 
ちなみにサービス管理責任者の藤原さんは、レモン味の『サクレ』、どや顔先輩は『ガリガリ君』が大好きなんですよ! 

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください