就労継続支援 A型

・会社なの?訓練するところなの?

 就労継続支援は「障害者総合支援法」に基づく障がい福祉サービスとして、障害のある方に就労や生産活動などの機会を提供することで、就労等に必要な知識及び能力の向上を図るための訓練を行う施設です。

 

・就労継続支援B型や就労移行支援との違い

就労継続支援 A型は「障害者総合支援法」に基づく障がい福祉サービスとしての事業内容として、下記のように規定されています。

 

“通常の事業所に雇用されることが困難であり、雇用契約に基づく就労が可能である者に対して、雇用契約の締結等による就労の機会の提供及び生産活動の機会の提供その他就労に必要な知識及び能力の向上のために必要な訓練等の支援を行なう。”

[厚生労働省-障害者の就労支援対策の状況] より引用

 

①働くための契約が結べて

②その契約内容に沿って就労できる

③障害のある方

が利用対象者であり、ここがその他の「障害者総合支援法」に基づく就労系の障がい福祉サービスとの一番の違いとなります。

 

・就労継続支援A型の訓練内容は?

「就労継続支援A型」=「訓練するところ」とは述べてきているものの、利用対象者を「働くための契約が結べて」「その契約内容に沿って就労できる」「障害のある方」としていることもあり、その訓練の内容は「障害者総合支援法」に基づく就労系の障がい福祉サービスの中でも最も一般就労に近い形で行われます。

 

上記の事業内容の通りだと「A型を利用する」ということはA型事業所側からすると「利用者を雇用する」ことになり、「利用者」でありつつ「雇用者」でもあるという事になります。従って、「雇用者」である利用者は労働法の適用を受けることになります。

 

ポイントとして

1:各都道府県に定められる最低賃金以上の金額が給料として支払われる。

2:週20時間以上の労働者は雇用保険の加入が必要になる。

 

という利用者からしてみれば「報酬」と「権利」を得ることになります。

もちろん「権利」と「報酬」を得るからには、締結した雇用契約に基づいて就労することが求められますから、それができなければ契約を解除されることもありえます。

 

つまり、就労継続支援A型を利用するということは、訓練となっていますが、実質は契約に基づいて仕事をすることになるのです。とはいえ、一般就労に比べて比較的就労時間は短い(1日の実働時間は4~8時間程度であることが多いです)ですし、その分給料も総じて低いです。

 

【どんな訓練・仕事をしているの?】

多岐にわたりますが、下記のようなものが多いようです。

・食品等の製造・加工・販売

・パソコンによる書類制作、データ入力等代行業務

・パッキング・梱包封入作業(軽作業)

・印刷物のデザイン・制作

・Webのデザイン・制作・SEO対策

・インターネットオークションの出品作業

 

【給料はどれくらい?】

上記に記載の通り、一般就労に比べて比較的給料は低いです。ただ、労働法によって各都道府県に定められる最低賃金以上の金額の支払いは保障されます。厚生労働省によるA型事業所の月額平均給料はここ数年約7万円前後で推移しています。

 

・就労継続支援A型を利用するには?

【利用申請と利用料】

就労継続支援A型も障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスとなりますから、利用の申請・利用者負担に関してはその他の障害者総合支援法に基づく障害福祉サービスと同様です。つまり、利用申請は市区町村等にて支給決定を受けたのち、事業所と契約を結ぶ形となりますし、利用者負担は所得に応じた負担となります。

 

生活保護受給世帯・・・0円

市区町村民税非課税世帯・・・0円

前年の所得約300万円以上~約600万円以下の方・・・9,300円

前年の所得約600万円以上・・・37,200円

 

【利用期間は?】

就労継続支援A型には利用期間はありません。年齢制限が18歳以上65歳未満までとあること、事業所と利用者との間で結ばれる雇用契約が有期である場合は利用期間が変わることがあります。

 

・就労継続支援A型事業所の選び方は?

実質は「契約に基づいて仕事をする」ことになる場所を選ぶことになるわけですから、

一般就労を目指すのと同じような視点で事業所選びをすることも必要です。具体的には、

仕事内容は自分に合っているか、事業所の雰囲気はどうか、職員・利用者含めた人間関係、給料の額は適切か・・・といったようなことです。

 

多くの事業所では正式に契約し利用開始となる前に、見学・体験を行っていると思いますので、まずは実際に目で見て、雰囲気を感じ取ったうえで利用を検討されることをおすすめします。

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください