統合失調症

〇統合失調症とは

 統合失調症は、考えや気持ちがまとまらなくなる状態が続く精神疾患のことをいいます。脳の様々な働きをまとめることが難しくなる病気のため、気分や行動、人間関係に影響を及ぼします。

発症の原因は正確には分かっておらず、人間関係や環境の変化によるストレスが関係して発症するのではないかと考えられています。

 

〇症状とサイン

 統合失調症の主な症状は、「幻覚」や「妄想」、「うつ状態になること」や「感情の起伏が激しくなる」ことが挙げられます。

本人には自覚症状がない場合が多く、受診が遅れる場合があります。

そのため、以下の症状がみられる場合は周囲の人が受診をすすめるようにしましょう。

 

<幻覚や妄想のサイン>

・いつも不安そうで、緊張している

・悪口を言われた、いじめを受けたと訴えるが、現実には何も起きていない

・監視や盗聴されていると言われて調べたが、何も見つからなかった

・ぶつぶつと独り言を言っている

・にやにやと笑うことが多い

・命令する声が聞こえると言う

 

<その他のサイン>

・話にまとまりがなく、何を言いたいのか分からない

・作業のミスがあまりにも多い

・趣味や楽しみにしてきたことに興味を示さなくなった

・人付き合いを避けて、引きこもるようになった

・身なりにまったくかまわなくなり、入浴もしなくなった

・感情の動きが少なくなった

・他人の感情や表情についての理解が苦手になった

 

〇治療法

 統合失調症の治療は、薬物療法と心理社会療法を組み合わせて行います。

<治療の目標>

・幻覚や妄想などの症状を軽くする

・記憶や注意などの障害によって社会生活機能が低下するのを防ぐ

・回復後は再発しないように維持する

 

〇さいごに

 統合失調症になると幻覚や妄想から、周囲の人がみんな自分の敵であるように感じて、自分から孤立してしまいがちです。周囲の人も病気や治療法についてよく理解し、家族や職場の人の適切な援助によって、治療につなげることも大切です。

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください