知的障害

〇知的障害とは

 知的障害は18歳までの発達期に生じる知的発達の遅れにより、社会生活に適応する能力に制限がある状態のことをいいます。知的能力の発達の程度と、適応能力の発達の両方で判断されます。

 

〇判断基準

 知的能力は知能検査によって測られます。知能の発達の程度を示す数値である「知能指数(IQ)」によって表され、IQ70以下の場合、知的障害に該当する可能性があります。

 しかし、知能指数が低いだけでは知的障害とは判断されません。適応能力という日常生活能力、社会適応性などの能力を測る指数と併せて判断されます。

 なお、18歳を過ぎてから起こった知的能力や適応能力の低下は、知的障害とは判断されません。

 

〇特徴

 知的障害は症状の程度により、「軽度」、「中度」、「重度」、「最重度」の4段階に分類されます。

<軽度>

おおむねIQ50~70の知的障害をさします。食事や衣服着脱、排せつなどの日常生活スキルには支障はありません。しかし、言語の発達がゆっくりで、小学校レベルの学力にとどまることが多いです。

<中度>

おおむねIQ35~50の知的障害をさします。言語発達や運動能力の遅れがあります。身辺の自立は部分的にできますが、すべてをこなすことは困難である場合があります。

<重度>

おおむねIQ20~35の知的障害をさします。学習面ではひらがなの読み書き程度にとどまります。衣食住には介助が必要になる場合があります。

<最重度>

おおむねIQ20以下の知的障害をさします。言語が発達することはなく、生活全般に常時介助が必要になります。

 

〇発達障害と知的障害の違い

 知的障害は、知的発達が全般的に低いために社会性に困難が生じますが、発達障害の多くは知的発達には問題がなく、対人スキルや行動面、学習能力などある特定の領域に困難が生じるという点で違いがあります。

 自閉症は知的障害を併発することもありますが、暗記力や計算力などに並外れた能力を持つこともあります。

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください