注意欠如・多動性障害(ADHD)

〇注意欠如・多動性障害(ADHD)とは

 注意欠如・多動性障害(ADHD)は、不注意(集中力が続かない)・多動性(落ち着きがない)衝動性(考えずに行動してしまう)の3つの特徴がある先天的な発達障害の一つです。

 

〇ADHDの症状

 ADHDの3つの特徴は、現れ方に個人差があり、大きく3つのタイプに分かれます。

 

 1. 不注意優勢型
不注意の特徴が多くみられるタイプで、症状例としては以下のとおりです。
・ケアレスミスが多い
・気が散りやすく、物事に集中することが苦手
・やりたいことや好きなことは積極的に取り組めるが、熱中しすぎてしまう
・物をどこかに置き忘れたり、失くしたりする
・片付けや整理整頓が苦手
・約束や時間を守れないことがある

 

 2. 多動性・衝動性優勢型
多動と衝動の特徴が多くみられるタイプで、症状例としては以下のとおりです。
・物事の優先順位が分からない
・落ち着いてじっと座っていられない
・衝動的な発言や行動をすることがある

 

 3. 混合型
上記2つの特徴が混在して現れるタイプです。どちらの症状が強く現れるかは人によって異なります。

 

 また、ADHDのある人は自閉症や学習障害などの他の発達障害を併発していることもあります。

 

〇ADHDの治療法

ADHDは先天的な疾患のため完治することはありませんが、治療や環境調整によって日常生活に支障がない程度まで寛解することが可能です。
治療法は主に薬物療法と心理療法を用います。

 

※心理療法…医師や臨床心理士によるカウンセリングで、以下のような方法を用います。
・環境調整
 周囲の人に症状について理解してもらい、学校や職場などの環境を整える方法を学びます。また、規則正しい生活を送るための生活リズムを見直したり、勉強など集中しないといけないときの環境の整え方を学んだりもします。
・認知行動療法
 考え方や行動の偏りを把握し、自分の認知や行動パターンを整えていくことで、生活や仕事上のストレスなどを減らしていく心理療法です。

 

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください