自閉症

○自閉症とは

 自閉症は多くの遺伝的要因が複雑に関与して起こる生まれつきの脳機能障害で、「対人関係の障害」、「コミュニケーションの障害」、「パターン化した興味や活動(こだわり)」の3つの特徴があります。最近では症状が軽い人たちも含めて、「自閉症スペクトラム障害」という呼び方もされています。

 

○自閉症の症状

 自閉症には上述の3つの特徴があります。この症状は、年齢が進むとともに変化や軽減が見られますが、基本的には成人になっても持続します。

1.対人関係の障害

 人と良好な関係を築くことが苦手で、相手の気持ちや状況を推測したり把握したり

 することが困難であることです。そのため、学校や会社での人間関係がうまくいか

 ずに孤立してしまいがちになります。

2.コミュニケーションの障害

 自閉症のある人は、子どもの知的な発達そのものが遅れる傾向にあります。言葉を

 発するようになっても、言葉を用いて人と会話したり、考えや思いを伝えたりする

 ことに困難があります。比喩や皮肉、ユーモアの理解や、話の文脈の理解に困難を

 感じることもあります。

3.パターン化した興味や活動(こだわり)

 些細なことに強い関心やこだわりをもったり、突発的な出来事にうまく対応できな

 かったりといった行動をします。また、変化への対応が苦手であることから、物事

 の順序や配置が常に同じであることに安心を覚える人もいます。

 

〇自閉症の発現時期

 自閉症の症状は、3歳ぐらいまでに現れると定義されています。成人になってから発症することはありませんが、成人で自閉症と診断される場合もあります。

これは、もともとそうした特性があったが、比較的症状が軽かったため目立たず、問題としてあらわれなかったと言えます。それが、社会人になり、就職したり昇格したりするなどで様々なストレスや柔軟性を求められる機会が増えたことで、問題が顕在化したためと考えられます。

 

〇自閉症の対処法

 自閉症は原因が特定されていないため、根本的な治療法はまだ開発されていません。このため、環境調整やカウンセリングが基本的な対処法になります。環境調整とは、自閉症のある人と周囲の人が、自閉症の症状や特性をよく理解したうえで、生活面において工夫を行うことで、本人が過ごしやすい環境を整えることです。また、本人だけでは環境調整を行うことは難しいため、家族や職場の人達にも協力してもらうことが必要です。

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください