~読書のススメ・その9~@本郷

こんにちは!リバーサル本郷・スタッフの中村です。

 
さて、今日おすすめする本は、
ユヴァル・ノア・ハラリ著『ホモ・デウス上、下』です。
サブタイトルが、テクノロジーとサピエンスの未来。

 
前に一度このブログでも紹介した『サピエンス全史』の続編となっています。
 
『サピエンス全史』では、私たち人類サピエンスの誕生から、
三つの革命(認知革命・農業革命・科学革命)を通して
私たちの発展と現在までが語られていました。
 
本書『ホモ・デウス』では、私たちサピエンスのこの先、未来が語られます。
 
科学の進歩により、これまでにない力を手に入れて、
私たち自身を科学でつくり変えて、これまでなし得なかった
“超サピエンス”になろうとしている人類。
神の領域に足を踏み入れていく人類。
 
その時、哲学は、倫理は、私たち自身は、何を選び、どうなっていくのでしょうか。
 
その後の進化を導くのはどんな宗教・イデオロギーになるのでしょうか。
 
科学の発展の先行に、議論、法などの枠組みが追いついていけるのか考えさせられます。
 
私が読んでいてとても興味深かったところは、
人間はアルゴリズムである、というところです。
 
私たちは進化を通して自然選択によって形作られた
有機的なアルゴリズムの集合であるということ。
 
現在は非有機的アルゴリズム(=機械)より私たち
有機的アルゴリズムの方が処理できることが多いですが、
今後それが逆転していくであろうこと。
 
自分の好みは、配偶者や友人たちは忘れることもあるけど、
AIは一つとして忘れないのです。
 
たとえば、結婚相手を選ぶとき。
Aさんといるときの心拍の変化とBさんといる時の心拍の変化を分析し、
過去の自分はどういう選択をしてきたか、
 
自分の好み、を総合的に判断し、継続して付き合える確率が
最も高い最適なパートナーを選んでくれるのがAIとなってくるのです。
 
なるほどーという感じです。
 
ぜひご一読ください。
 
************************************** リバーサルでは、見学・体験を随時承っております!! お気軽にお近くの事業所にご相談ください。 リバーサル本郷 TEL : 03-3868-3174 E-mail : reversal.hongo@aver.jp 一人で悩まず、まずはご相談下さい。ご連絡お待ちしております♪ **************************************

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン