熱中症に注意!!@本八幡

梅雨が明け、一気に暑さが増しましたね!

ニュースでも熱中症で倒れた方がいる、と聞き注意が必要ですね。

今回は、熱中症についてふれたいと思います。

 

■熱中症とは?

高温多湿の環境に長くいることで、体内の水分や塩分(ナトリウム)などのバランスが崩れ、体温の調節がうまくいかなくなることで起こる症状の総称です。

熱中症は屋外だけでなく、室内で何もしていないときでも発症する場合もあります。

 

■熱中症を引き起こす要因

熱中症を引き起こす可能性がある条件として、3つの要因が挙げられます。

  1. 環境

気温が高い、湿度が高い、風が弱い、日差しが強い、閉め切った室内、エアコンがない、急に暑くなった日

熱波の襲来

  1. からだ

高齢者、乳幼児、肥満、持病(糖尿病、心臓病、精神疾患など)、低栄養状態、脱水状態、体調不良(二日酔い、寝不足など)

  1. 行動

激しい運動、慣れない運動、長時間の屋外作業、水分補給がしにくい  

 

■こんな症状には要注意!

めまい、たちくらみ、足のしびれ、筋肉のこむら返り、気分が悪い

頭痛、吐き気、嘔吐、倦怠感、虚脱感、いつもと様子が違う

返事がおかしい、意識消失、けいれん、からだが熱い

 

■予防のポイント

・のどの渇きを感じなくても、こまめに水分を補給しましょう。

・外出時は、帽子や日傘で直射日光を避け、涼しい場所で過ごしましょう。

・部屋の中でも熱中症は発生します。室内の風通しをよくしましょう。

・気温や湿度の高い日は、適度に扇風機やエアコンを使いましょう。

 持病をお持ちの方はかかりつけ医に注意点を相談しておきましょう。

 

高齢者はのどの渇きを感じにくく、子どもは体温調節がしにくいという特徴があるので、高齢の方、お子さんは特に注意が必要です!

 

皆さんも熱中症に気を付けて、暑い夏をのりきりましょう(^^)/

 

 

♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪

リバーサルでは見学・体験を随時承っております。

ホームページ上部のお問い合わせから、

もしくはお近くの事業所あてにご連絡ください!

リバーサル本八幡

📞047-711-1205

reversal.motoyawata@aver.jp

ブログも随時更新中!

是非毎日チェックしてくださいね\(^o^)/

♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪.+*。☆・♪.*・*☆*♪☆+゚♪

 

サブコンテンツ
TOPに戻るボタン

お電話する事業所を選んでください